心霊スポット訪問記 京都・深泥池②

深泥池(前篇)

広告

時刻はまだ夕方5時過ぎだが、森に入ると一気に暗さが増してくる。池自体不気味なのに、それに加えて森という存在が加わり、より一層の不気味さが襲ってくる。

Exif_JPEG_PICTURE

暗闇の中、沈みかけの夕陽が池に反射して僅かな光を灯す。なにやら幻想的な風景が広がる。

Exif_JPEG_PICTURE

とにもかくにもここまで来たので後戻りはできない。迫る恐怖を抑えながら先へと足を進めていく。

Exif_JPEG_PICTURE

すると突然ゴゴゴゴッと音が聞こえてきた。急に発生した音についつい驚いて叫んでしまったのだが、どうやら池の水を調整するようなポンプが動いたようだ。

Exif_JPEG_PICTURE

このフェンスの中にポンプがあり、定期的に作動して音を発しているようである。肝試しに訪れた人はこの音に度肝を抜かれるに違いない。

Exif_JPEG_PICTURE



さて、木の隙間から空を眺めるといよいよ本格的に日が沈もうとしている。この時間帯とはいえ、恐怖感がさらに増していく。結核患者が身を投げるとしたらこの辺りかも知れない。その昔結核によって人生に絶望した人々がこの地で生涯を静かに終えたのだろうか。また療養所でも数多くの人が亡くなったことが想像できる。そう考えるとこの場所には深く悲しみに満ちた死者の無念が、今もなお魂としてそこら中を漂っているのかも知れない。やや切なさを感じながらもさらに散策道を進んでいく。

Exif_JPEG_PICTURE

するとなにやらよくわからないモニュメント?のようなものがある。子どもが秘密基地でも作ろうとしたのだろうか。

Exif_JPEG_PICTURE

池の淵に沿うように散策道があり、道の上には森の急斜面が迫っている。この森には鹿が出るらしく、この日斜面の上の方に鹿を確認することができた。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに辺りは真っ暗なため、夜間にここを訪れるなら必ず強力ライトを持っていくことをお勧めする。なぜなら木の根っこで足をとられたり、段差に躓いたりすることがあるためだ。深泥池は住宅街のすぐ側にあることや、地下鉄の駅から徒歩15分でアクセスできることから、手軽に足を運ぶことができる。だからこそ余計に注意していただきたいと思う。

Exif_JPEG_PICTURE

このまま散策コースを進み反対側の出口(マンションのある側)へ無事出ることができた。今回は不審な物音が聞こえたり、それらしきものが見えたりということはなかった。確かに不気味ではあったが、特別な恐怖感はなかったように感じた。ただしここの曰く、それに幽霊の目撃情報を考えればこの場所でいつ霊的な現象が起こってもおかしくはない。是非とも後日再訪したいと強く思わせてくれる場所であった。

広告

京都のその他心霊スポット

深泥池 前篇

京都御苑の廃トイレ

宝ヶ池

関連サイト

京都の心霊スポット一覧

古都コトきょーと 心霊ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加