心霊事件・橋北中学校水難事故

海、それは人々を惹きつける美しさを持つと同時に、人々の命を奪う魔の力を持っています。1955年7月28日に起こった水難事故はまさに海の魔の力を象徴する出来ごとと言ってよいでしょう。

そして海の魔力に加え、亡霊が関係した出来事として、後世に語り継がれることになったのです。

その事件が起こったのは終戦からちょうど10年後の1955年7月28日のこと、三重県津市の津市立橋北(きょうほく)中学校の女子生徒36人が、同市中河原海岸(文化村海岸)で水泳訓練中に溺死しました。

当日、同校の女子生徒がは約200人で水泳訓練中を行っていたのですが、そのうち約100人がみるみるうちに溺れ、38人が死亡しました。日本において稀に見る水難事故となってしまったのです。

学校の指導は問題なかったとされており、あまり泳げない生徒は足のつく浅瀬で訓練を行っていました。しかし、なぜだか突然生徒が次々と溺れていったのでした。

それではなぜ、浅瀬で泳いでいた生徒たちが足を取られて溺れていったのでしょうか。

考えられる原因としては「異常流」「離岸流れ」「急激な水位上昇」があり、当時有力な説として挙げられていました。

しかし・・・・・・・

1963年の週刊誌に掲載された生徒の証言によって、その後事件は”怪談”として語り継がれるようにったのです。その証言は以下の通りです。

いっしょに泳いでいた同級生が、「弘子ちゃん、あれ見てー」と、しがみついてきたので、二,三〇メートル沖を見ると、その辺で泳いでいた同級生が、つぎつぎと波間に姿を消していくところだった。すると、そこで弘子さんは「水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくる」のを見た。それは何十人もの女の姿で、ぐっしょり水を吸い込んだ防空頭巾をかぶり、もんぺをはいていた。逃げようとする弘子さんの足をつかんだ力はものすごく、水中に引きこまれていったが、薄れゆく意識の中でも足にまとわりついて離れない防空頭巾をかぶった無表情な白い顔を、はっきり見続けていたという。  弘子さんは助けあげられはしたが肺炎を併発し二十日間も入院したが「亡霊が来る、亡霊が来る」と、よくうわごとを言ったという。「防空頭巾にもんぺ姿の集団亡霊」というのには因縁話があって、津市郊外の高宮の郵便局長・山本剛良氏によると、この海岸には、集団溺死事件の起こったちょうど十年前の月日も同じ七月二八日に米軍大編隊の焼打ちで市民二五〇余人が殺されており、火葬しきれない死骸は、この海岸に穴を掘って埋めたという。山本氏から、この話を聞かされた弘子さんは、手記の中で「ああ、やっぱり私の見たのは幻影でも夢でもなかった。あれは空襲で死んだ人たちの悲しい姿だったんだわ」と納得している。

引用 探偵ファイルより

10年前の同月同日に空襲があったことは記録に残されていました。

○1945年7月24日、28日 津大空襲 死者1239人。旧市街の全域、及び、橋北地区の工場地帯が焼失。 (Wikipediaより)

モンペ姿の証言は1人の女性徒によるものであること、それに複数目撃証言があるわけではないため、一般の常識的な見解では離岸流などの潮の流れの急激な変化による事故と考えるのが妥当と言えます。しかし事故の10年前この場所で大空襲があったこと、それに目撃者の証言が妙に心霊現象説に説得力を持たせてくれます。

このように事故が発生したとき、心霊現象によるもので合わせて考えるというケースは案外多いのですが、例えば自動車事故が同じ場所で立て続けに発生したりすると、昔その場所で事故で亡くなった霊の仕業ではないか、などという意見が出ることはよくあることです。

科学的なアプローチは大切だが、同時に霊的なアプローチというのもしなければならないでしょう。もし科学的な説明がつく場合、霊的な現象である可能性を排除してしまう傾向にあります。今回の場合も同様ですが、しか霊の目撃証言、それに10年前の大空襲という事実を考慮すると、心霊現象を前提にした霊能者などによる調査をすることも必要だったのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加