ディープタウン尼崎の街並み

兵庫県の南西部の端に位置する尼崎。工業都市として栄えたこの街は現在どのような様子なのか。この日は阪神電車に乗って尼崎の中心地とも言える阪神尼崎駅で下車した。

14728679412310

駅から出ると失礼ながら尼崎のイメージと正反対の綺麗な街並みが広がっていた。

14728679999250

どうやら駅前は近年再開発されたようで高層マンションや広場が整備されていた。

14727292949442

尼崎と言えば、パチンコ店や風俗店などあまりガラのよろしくないお店が立ち並んでいる様子を想像していたのだが。とりあえず西の方にある商店街に足を進めていくことにした。

14727293009513

公園を出るといよいよ雑多な雰囲気のある街並みが見えてきた。

14727293133225

やはり予想通りのパチンコ店の多さである。まずは「かんだしんみち」という通りに入っていくことにした。

14727293273616

とにかく自転車の数が多い。いかにも大阪の街という感じがした。しかし、道を行きかう車は神戸ナンバーを付けていて少々違和感はあった。

尼崎は西宮や伊丹などの他の阪神地域と同じく、大阪のベッドタウンという性格を持っている。しかし大阪という大都市に地理的には近いものの、工業都市として独自に発展を遂げてきたため、市民には大阪の一部でもなければ、神戸の一部でもなく、尼崎は尼崎だという意識が強いのだという。

14727293332777

このような看板があるということは今の時代でも客引きは行われているのだろか。

このあたりが尼崎一番の繁華街のようである。行き交うひとを観察しているとやはりガラの悪めの人が多かった。この日は梅田から尼崎に行ったのだが、梅田での人の雰囲気とかなり違っているように感じた。さすがは尼崎といったところだろうか。

14727293493309

次は商店街の方に行ってみた。尼崎駅から西隣の出屋敷駅までにはいくつかの商店街があるが、どうやらここがメインのようだ。東西に500mほどの長さで人通りも多い。

14727294676535

商店街の一番西側からも一枚。それにしてもスゴい数のパチンコ店である。

14727293755803

どうやら賑わっているのはこの商店街の中だけで、少し外へ行くと寂れた雰囲気になる。

現在尼崎の人口は45万人ほどで、1970年の最盛期の55万人に比べると大きく人口が減少した。尼崎はもともと工業都市として発展した経緯があり、産業構造の変化が起こり、工業が衰退すると、人口も徐々に減少していった。

14727293985926

東西の商店街とクロスするように他の商店街もあるが、まるで地方都市のようにすっかりさびれてしまっている。

14727294177769

まさに街の衰退を表しているかのようだ。ちなみに隣の西宮は住宅街として発展を続けて人口が増加している。尼崎の場合はベースが工業都市なので利便性が高くても、住宅街としての評価が上がらないのかも知れない。もちろん阪神電車やJRの尼崎駅といった一部のエリアでは再開発が行われて新住民が移り住むベッドタウンとなっている。

14727294306971

こちらはシャッター街と化していた。

14727294110008

最後におまけといってはなんだが、風俗街のかんなみ新地を探す。場所は尼崎駅のとなり、出屋敷駅から歩いて5分ほどのところにある。この看板があるということはこの近くにお店があるに違いない。

14727294429143

見た目が飛田新地のように明らかに遊郭街であったら分かりやすいのだが、見つけるのにひと苦労であった。

14727294595124

どうやらこれがかんなみ新地のようだ。営業時間外で灯りがついていなかったため、見た目アパートのようだった。店の入り口のいらっしゃいませという看板でここが新地だというのがわかった。夜になるとネオンが光り、お姉さんを物色する男たちがぞろぞろと歩くのだろう。

尼崎は私の期待を裏切らない街であった。駅前は再開発で綺麗にはなっていたが、それを帳消しにするかのような市街地のディープな街並みであった。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加