高度成長期に建設された大型団地の今の様子は | 京都府・西大久保団地

人口が爆発的に増えた高度経済成長期、大都市の周縁では大規模な団地が次々と作られました。人々は次々と地方から都市部に移り住み、団地はその受け皿として機能しました。当時は先進的な住宅設備を備えていたこともあって、中流階級層にとって団地に住むということは1つのステータスのようなものであったと言えます。そんな団地ですが、21世紀を迎え、住民の高齢化が進むと同時に、空き家が多くなっているというニュースはよく耳にされていることでしょう。また、住居購入者の子ども世代は大人になるとともに団地を離れ、独居する高齢者も多くなっています。

14782489837570

この日訪れた西大久保団地もそのうちの一つと言えるでしょう。今回は団地の様子を見学しに行くということで、電車に揺られて現地へ向かいました。西大久保団地があるのは宇治市の大久保という場所で、最寄りの駅である近鉄京都線の大久保駅から1㎞ほど離れた場所にあります。大久保駅は京都駅から急行で18分なので結構便利な場所にあると言えそうです。

14782489900121

大久保駅を降りて現地まで歩いて向かいました。町並みは郊外によくあるいたって普通のものでした。ただ駅に隣接する形で陸上自衛隊の大久保駐屯地があり、ややものものしい雰囲気は漂っていました。

14782489963152

駅から団地までの道沿いには川が流れているんですが、よく見ると大量の鯉などの魚がいて、異様な様子がうかがえます。なぜこれほどの魚が居るのでしょうか。

14782490010913

その答えは簡単で、単に土砂を取り除く工事を行っていたからでした。そうしている間にそろそろ西大久保団地に到着です。

14782490310084

歩道橋からは最近建設されたであろう高層の大型マンションが見えます。地図で確認すると、その近くに西大久保団地があるようです。

14782490372675

いかにも郊外にありそうな立派なマンションですね。この地の利便性を考えればそれなりにマンションの需要もありそうです。このマンションを通り過ぎると、いよいよ団地の建物が見えてきます。
14782490433166

建物は5階建てで、隣接するマンションと比べると小さな印象を受けました。建物にはそれぞれ番号が振ってあります。

14782490478577

もっと老朽化が進んでいるのかと思ったんですが、意外に見た目は綺麗でしたね。おそらく何回も塗り替えが行われてきたのでしょう。

14782490529278

西大久保団地が建設されたのは1972年から73年で、ちょうどオイルショックの時期にあたるでしょうか。この団地は京都府営で、この近くの久御山町にも同じく京都府営の団地があります。

14782490636579

休日の昼下がりだが、人通りはまばらでした。そして綺麗に並んでいる団地の建物が何とも言えない古い雰囲気を醸し出しています。

14782490689580

建物は同じ向き、同じ高さということで、やはり人工的な印象を受けますね。

14782490739701

さらに団地内を歩いていくと、西大久保団地の見取り図が。数えてみると、44棟もあります。

地図でも分かるようにかなり大規模な団地のようです。

14782490784492

今度は南の方へ歩いていくと、セブンイレブンと小学校が見えてきました。団地内にも小学校があるほど、多くの子どもが住んでいる、いたのでしょう。

14782490830163

宇治市立平盛小学校と書いてあります。さらにその横にはデイサービスセンター、地域包括支援センター、平盛デイホームと書かれた看板があります。やはり高齢化が進んでいるのでしょうね。

14782490881194

今度は反対に北の方へと向かう。団地内は綺麗に整備されており、それほど暗い雰囲気は感じられませんでした。また、公園には子どもが元気に遊ぶ姿も見られました。ちょっと安心といったとこですね。

14782490935075

団地の北隣には今風のマンションが。この団地とパテシオンだかなんかのマンションを選ぶなら、経済力がある人はあっちに住むでしょうね。

14782490980996

北へ抜けると、大きな空き地が。今後ここにもマンションか何か大規模な建物ができるのかも知れません。

今回訪問した西大久保団地、まだまだリフォームなど工夫次第で今後も存続していくでしょう。さらに公営住宅で家賃も安いため新しい入居者も期待できそうです。この辺は行政の手腕に任せましょう。ということで、まだまだ大丈夫ということで、結論付けといたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加