閉店間近のザ・ダイソー京都タワー店に行ってみた

img_20161122_130946

秋も深まる古都京都。京都駅前は平日にも関わらず紅葉を求める観光客で溢れかえっていました。今回の目的地は京都タワーのダイソーです。

img_20161122_131144

なぜダイソー京都タワー店を訪れたのかというと、11月22日で翌日の23日をもって閉店するという情報を耳にしたからです。特によく行ってたというお店ではないんですが、お店の古くささが好きだったので記念にと思い訪問しておきました。

img_20161122_131354-1

さて、入り口が見えてきました。よく見るとピンクと白でDAISOと書かれた看板があります。この京都タワーにはタワーの他、大浴場やお土産屋さんや食事処があります。建物は古く、ややレトロな雰囲気も味わえます。

img_20161122_131428

入り口を入るとお土産屋さんがあり、エスカレターがあります。ダイソーは2階にあります。

img_20161122_132505

エスカレーターを登り切るとダイソーが見えてきました。黄色い透明版が年季を感じさせます。この絶妙な黄色の透明版越しに見えるダイソー、なかなか味がありますね。

img_20161122_131446

エスカレーターを上り切ると閉店のお知らせが。京都駅周辺の店舗としてイオンモールKYOTO店と京都アバンティ店が案内されています。閉店する理由は近くにダイソーの店舗があることや、客足が伸びないことが考えられるでしょう。京都駅近くと立地はいいものの、京都タワービルって日用品を買いに来るって感じではないですしね。ただ、外国人観光客に日本の100均カルチャーを知ってもらうのにはちょうどよかったので残念です。

img_20161122_132223

店内のいたるところに閉店お知らせの紙が貼られていました。閉店の前日なのに人はあまり多くありませんでした。人が多くないから閉店するんでしょうが。次の日は祝日なのでおそらく人で溢れかえっていることを願います。

img_20161122_131648

なんかこうしてみると寂しげですね。哀愁が漂っています。これが閉店間際の店内といったところでしょうか。明るくピンクで装飾されているのが余計に切なく感じます。

img_20161122_131736

こちらはマットなどが売っているコーナーです。しかし100均っておもちゃから食料品から何でも売ってますね。ダイソーに限らず100均はとても便利で、私もよく利用します。ただ原価が100円を超えるものと下回るものをいっしょくたに100円で売ってるので原価見極めの技も要るかもしれません。

img_20161122_132102

こちらは階段から撮影したものです。しかしタワービルの内観、古くて好きです。

調べてみると京都タワーは1964年に開業したそうです。それから50年以上が経過しているわけです。そりゃ古臭い雰囲気も自然と出てくるわけです。一階から九階までがタワービルで地上31メートル、タワーの部分がちょうど100メートルあります。なので合計すると京都タワーの高さは130メートルになります。京都は建物の高さにうるさく、京都タワーも古都の景観に相応しくないとかいろいろ意見はあるようです。

img_20161122_132710

こちらはもう一方の階段とダイソーのレジの部分です。エスカレーターでは黄緑でしたが、今度はオレンジの透明版が使われています。床も同じくオレンジという見事な徹底ぶりです。

img_20161122_132315

100均の大手といえば、ダイソーの他にセリア、キャンドゥ、ワッツ(meets シルク)がありますが、個人的には100均といえばダイソーですね。ということで閉店記念に商品を買って帰ることにしました。

14799134052210

京都らしく宇治抹茶チョコレートを買いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加