JR琵琶湖線

草津駅

乗車人員⇒28,629人

時刻表⇒草津駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(21分),大阪駅(51分)

市町村データ⇒草津市

駅地価⇒98,200円


草津駅は滋賀県草津市の駅である。JR琵琶湖線とJR草津線の接続駅でもあり、地域の拠点となっている。駅周辺には高層マンションをはじめ、大型商業施設、企業の支店があり、賑わいを見せている。人通りも多く、滋賀で最も都会と言われている街でもある。

南草津駅

乗車人員⇒29,128人

時刻表⇒南草津駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(17分),大阪駅(47分)

市町村データ⇒草津市

駅地価⇒98,250円


南草津駅は滋賀県草津市の駅である。1994年の駅開業以来乗車人員が伸び続け、2015年度にはついに草津駅を抜いて、滋賀県第一に躍り出た。駅周辺にはファミリー層向けの高層マンションが立ち並んでいる。駅直結の商業ビルもあって買い物の利便性は高い。立命館大学びわこ草津キャンパスへの最寄り駅のため、学生の姿も多く見られる。

瀬田駅

乗車人員⇒17,296人

時刻表⇒瀬田駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(17分),大阪駅(約50分)

市町村データ⇒大津市

駅地価⇒102,900円


瀬田駅は滋賀県大津市の駅である。駅前にはファミリー向けマンションが立ち並んでおり、いかにも郊外という街並みが広がっている。琵琶湖線と並行して走っている国道1号線沿いには多くのロードサイド店が立ち並んでおり、買い物の利便性は高い。

石山駅

乗車人員⇒24,596人

時刻表⇒石山駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(13分),大阪駅(43分)

市町村データ⇒大津市

駅地価⇒84,250円


石山駅は滋賀県大津市の駅である。大津市では大津駅をおさえて最多の乗車人員を誇る。新快速停車駅であり、京都はもちろん大阪や神戸方面へのアクセスもよい。近年、駅周辺には大型のマンションが開発され発展している。駅周辺には飲食店をはじめ、商業施設が多い。

膳所駅

乗車人員⇒12,861人

時刻表⇒膳所駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(11分),大阪駅(約50分)

市町村データ⇒大津市

駅地価⇒128,000円


膳所駅は滋賀県大津市の駅である。新快速は停車しないが、京都駅まで11分と大都市へのアクセスは良好である。京阪膳所駅と接続している。駅から続くきらめき坂には数多くの店舗があり、坂を下っていくと西武百貨店などの大型商業施設がある。琵琶湖沿いのにおの浜には大型マンションが開発され、滋賀屈指の人気居住地となっている。

大津駅

乗車人員⇒17,431人

時刻表⇒大津駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(9分),大阪駅(39分)

市町村データ⇒大津市

駅地価⇒124,000円


大津駅は大津市の駅である。新快速停車駅のため、京阪神へのアクセスは良好である。駅周辺には滋賀県庁をはじめ、官公庁が多い。古くからの住宅が多いが、駅西側の再開発が行われたり、駅ビルVIERA大津がオープンしたりして、雰囲気が変化している街である。

山科駅

乗車人員⇒JR33,912人 地下鉄東西線 21,193人

時刻表⇒山科駅

主要駅までの所要時間⇒京都駅(5分) 大阪駅(35分) 三条京阪駅(9分)

山科区(京都市)

駅地価 84,400円


山科駅は京都市東部、山科区の駅である。JR東海道線、地下鉄、京阪大津線が接続しており、京都の副都心的な役割を果たしている。地下鉄では京都の繁華街へ、JRで京都駅や大阪方面へのアクセスが良好である。乗り換え客が多いことから朝夕を中心に人通りは多い。駅前には商業ビルもあり、買い物にはとても便利である。

京都駅

・基本情報

乗車人員 JR西日本 200,044人

京都駅時刻表

市町村データ⇒京都市下京区

駅地価 167,000円


言わずと知れた古都京都の玄関口。毎年数多くの観光客が訪れる。在来線(JR西日本)、新幹線(JR東海)ともに乗車人員は増加傾向で駅周辺は活気に溢れている。最近では八条口(南口)が整備されてとても綺麗になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。