海外の心霊調査機関について


日本では一般的ではないが、実際に幽霊の出る民家や場所に出向き、様々な測定器を使って心霊調査を行うのである。さて、心霊調査機関とは一体どのようなものなのか、インターネットで調べてみた。



「ghost research」このキーワードでgoogleの検索エンジンを使って調べてみると、1ページ目にGHOST RESEARCH SOCIETY(以下GRS)という検索結果が出てくる。今回はこの団体のホームページを調べてみたので、その活動内容を紹介しようと思う。


調査機関の概要

・1977年設立
・メンバー(社員さん)19人
・本部はシカゴ郊外

心霊調査の目的

The Ghost Research Society was formed as a clearing house for reports of ghosts, hauntings, poltergeist and life after death encounters.

心霊調査機関の紹介欄には次のように記載されていた。

「心霊調査機関は幽霊やポルターガイスト、死後の霊魂などが報告されている家を浄化するために結成された。」

このことから、心霊現象が報告されている家に出向いて、心霊に関する問題を解決することが大きな目的であることが解る。

参考ページ⇒http://www.ghostresearch.org/

活動内容

The society also analyzes alleged spirit photographs, video and audio tapes that they come across from ordinary people or society members.

①メンバーや一般の人から提供された心霊写真、ビデオ、カセットテープなどを分析する。

The society members actively research and investigate all reports that come their way including private homes and businesses.

②メンバーは民家や事業所などに起こる報告を精力的に研究、調査する。

まとめると、日ごろから心霊関連の資料を分析する一方、心霊現象が報告されている場所に出向いて調査を行うということである。

参考ページ⇒http://www.ghostresearch.org/

調査に使用する主な機材

心霊現象が報告されている場所でより精緻な調査を行うためには、いくつかの道具や機材が必要となる。特に心霊現象が多く報告される夜間に調査を行うためには、赤外線カメラなど暗い場所でも霊の存在を捉えられるものが必要となる。参考ページ⇒http://www.ghostresearch.org/about/equip.html

から代表的なものを紹介する。

・Air Ion Counter(イオン測定器)

・Cellsensor (電磁波測定器)

・Electromagnetic Field Gaussmeter (ガウスメーター)

・Night Vision Binoculars(夜行性双眼鏡)

・Infrared Still Camera(赤外線カメラ)

・motion detection(動作検出)

・Thermometer(温度計)

イオン、電磁波、温度、映像など多角的な視点から、より客観的で信頼のおける現地調査が可能となる。

実際の調査例

Alden High School Investigation

Ghost research agentが行ったある高校での心霊調査について紹介する。

参考ページ⇒http://www.ghostresearch.org/Investigations/alden.html

場所の概要

1896年に建築された建物で、1967年までは最上階が高校として使用されていた。その後、自治会館やアパートとして使用されているが、建物内は高校開講時の様子が保たれている。

幽霊目撃例

・地下室で顔が見えたり、走り回る様子が目撃された。

・玄関付近で子どもが走り回る様子が目撃されていた。

・ここを訪れた霊能者は音楽教師の霊体を感じた。

などこのほかにも多数の目撃情報がある。

調査員の報告

Kathie Para: さん(女性調査員) 

2階部分や地下で時間を過ごしたが、最も多くの現象がおこったのは地下部分。背後で声が聞こえ、不快感を感じた。また、体の右側で冷たい感じがした。

Michael Wright:さん(男性調査員)

小さな声が聞こえた。屋上にいたとき外からの声を記録した。ただし、ダウジング調査ではハッキリした結果が得られなかった。

その他6人の調査員の報告がサイトに紹介されていた。

結論

調査員の体験談、様々な機材による調査結果から、Alden High Schoolでは心霊現象が起こっていると結論付けた。過去に高校があったことから、生徒や学校スタッフの念が心霊現象として出現していると考察している。ただし、いくつかの音声は調査員によって引き起こされた可能性があり、記録に残っている不審な箇所のすべてが超常現象(paranormal activity)ではないと考えられると書かれていた。

おわりに

今回はGhost research agentの活動についてまとめてみた。ちなみにGRSには2500円から入会することができるそうだ。日本でもこのような取り組みを行う機関があれば、営利事業としても成り立つかもしれない。

Associate Membership is $25.00 and is the entry membership for new members. You still receive the benefits as Sustaining Members do.

ただ、日本では霊媒師やスピリチュアルカウンセラーへの相談が多く、計測器などを使った客観的な心霊調査というのはあまりなされていない。もしかしたら、日本の新たな心霊調査としてGRSのような取り組みが参考になるのかもしれない。

Ghost research agent ホームページ⇒http://www.ghostresearch.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。