【広告】ビットフライヤーで口座開設する方法は簡単だ

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を紹介

ビットコインを売買できる取引所は国内海外ともにたくさんあります。さて、今回はその中でもとても人気が高いビットフライヤーでの口座開設方法を紹介していきます。成海璃子さん出演のCMでもお馴染みですよね!

ビットフライヤーの口座開設はこちらから↓↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アカウントの作成

さて、口座開設するためにはアカウントを登録します。まずはビットフライヤーのホームページにアクセスしましょう。


アクセスしたらページの左上に画像のようなアカウント作成欄が表示されるので登録します。

メールアドレス
Facebookアカウント
Yahoo!ID
Google

これらから好きなものを選んで、それぞれに対応する「アカウント作成」のボタンをクリックします。今回はメールアドレスを使って登録してみました。

アカウント作成ボタンをクリックすると、このような画面が出てきます。先ほど登録したメールアドレスには下のようなキーワード付きのメールが届くので、これを空欄に入力します。

アカウント作成が完了すると、上のような画面が出てきます。赤枠にあるチェック欄に、すべて印を付けて、「bitFlyerをはじめる」ボタンをクリックします。

アカウントの作成が完了すると、上のようなメインのページが出てきます。

アカウント情報の入力

次にやることは、ページ右下の赤枠で囲ったアカウント情報を入力していくことです。拡大して見ていきましょう。

アカウント情報の一番上にあるアカウントクラスは現在ウォレットクラスになっています。
ウォレットクラスでは、仮想通貨の送付や預かりは10万円を限度に行うことが可能ですが、購入や売却をすることはできません。

仮想通貨の購入や売却をするならトレードクラスにグレードアップする必要があります。トレードクラスにするためには、アカウント情報にある各項目を入力していくことが必要です。

トレードクラスに必要なのは以下の通りです。

・ご本人情報の登録
・ご本人確認資料のご提出
・お客様の取引目的等のご確認
・銀行口座情報確認
・転送不要書留郵便のお受取

氏名、生年月日、郵便番号、住所を入力すれば本人確認の登録完了です。本人情報の登録が完了すれば、本人確認書類の提出や銀行口座情報確認を行うことができるようになります。

本人確認書類の提出では、運転免許証、パスポート、個人番号カードなどから1種類選んで提出します。

銀行口座情報の登録では、銀行名、支店名、口座番号、口座名義を登録します。登録が完了すれば、入出金が可能になります。

あとは簡易郵便が送られてくるので、それを受け取ればトレードクラスへのアップグレードが完了します。

二段階認証の設定

二段階認証を設定しておくと、他人に勝手にログインされたり、取引されたりといったリスクを減らすことができます。仮想通貨の世界ではハッキングなどは日常茶飯事です。必ず設定しておきましょう!

設定画面で、「セキュリティ設定」をクリックします。メールで登録する場合、追加の本人確認が必要なため、一番下の「暗証番号を設定する」ボタンをクリックします。

空欄に暗証番号を入力します。なるべく複雑な数字の組み合わせを選びましょう。

次に「二段階認証設定」をクリックして、空欄に先ほど登録した暗証番号を入力します。

登録したメールアドレスには本人確認の二段階認証確認コードが送信されているので、入力します。

メールで受け取るにチェックして、いつ使用するかに全てチェックを入れます。次へのボタンをクリックすれば、先ほどとは別の確認コードが記載されたメールが再び送信されます。

確認コードを再入力して、「二段階認証を設定する」をクリックすれば二段階認証設定の完了です。

二段階認証は認証アプリを使っても可能です。「認証アプリを使う」を選択します。

認証アプリをインストールしたことがない方は、一番上の赤枠の中から1つクリックしてインストールしましょう。そのあと認証アプリで2次元バーコードをスキャンします。スキャンしたら、アプリに確認コードが表示されるので、空欄に入力します。

ビットフライヤーの口座開設はこちらから↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。