祇王寺で苔観察

日本庭園に使用される苔。とりわけ神社仏閣が多く存在する京都においては、庭で苔の使用シーンが多く、多くの人を魅了してきた。京都にはいくつか苔の名所があるが、今回はそのうちのひとつ祇王寺というお寺を訪れた。

祇王寺とは

祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で、『平家物語』にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られております。
祇王寺は昔の往生院の境内にあり、往生院は法然上人の門弟良鎮によって創建されたと伝わっています。山上山下にわたって広い寺域を占めていた往生院も後年は荒廃し、ささやかな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになりました。

祇王寺ホームページより引用

http://www.giouji.or.jp/about

祇王寺の場所

祇王寺があるのは京都市右京区嵯峨鳥居本。観光客で賑わいを見せる嵐山から徒歩で20分ほど歩いた場所にある。

嵯峨嵐山駅を下車した後、竹林を抜けて祇王寺まで歩いていく。途中、常寂光寺の外庭の杉苔などを観察しながら少しづつ足を進めていく。にしても嵯峨嵐山界隈は見どころ多いですね。

日差しの暑さを感じながら、20分ほど歩いていくと、祇王寺と書かれた看板を発見。

新緑が生い茂る中、お寺のある方へ向かっていく。

背の低い竹柵の向こう側には緑が美しい苔が見られた。

いよいよ祇王寺へと入っていく。祇王寺の拝観料は300円。とてもお手軽に苔の観察を行うことができる。

庭園に存在する苔は数多く、スナゴケ、ギンゴケ、シノブゴケ、ハイゴケ、タマゴケ、ギンゴケ、スギゴケなど数多い。それらの苔が庭園内で独自の生態系を築き上げている。

庭園内は数分もあれば回れるほど、こじんまりとしたものだが、苔を観察しながらだと足はほとんど進まず、今回は祇王寺で1時間近く滞在してしまった。

日本庭園でアクセントになるのはやはりスギゴケ。この立体感を作り出し、数センチまで成長する。

庭園内には藁の門があった。これがまた苔ととてもよいマッチングを見せている。もう少し苔を間近で見てみようということで、しゃがみ込んでカメラをのぞき込む。

こちらはスギゴケ。絶妙な緑と星状の茎がお見事。

そしてヒノキゴケ。髪の毛のように流れがあるのが特徴的。

庭園内には鉢に植えられた祇王寺の苔が飾られていた。

こちらは蹲(つくばい)。ここから水路が続いており、苔の成長に適した湿度を作り上げます。

杉苔の群生は大海に浮かぶ島のように見える。枯山水のように、苔でも水と陸を表すことができるとは新発見でした。

シダ類とのコラボレーションも良く合う。そういえばシダ植物もコケ植物と同様に、胞子で増える胞子植物なんだとか。

コケとコケの境界線が美しい。

一時間ほどみごとな苔を堪能したところで、祇王寺を出ることにした。

祇王寺はこじんまりとしていて、とても落ち着く場所です。苔好きの人はもちろん、そうでない方も心を休ませに一度訪れてみてはいかがでしょうか。

苔目録
・苔商品 ・苔の名所 ・SNS ツイッター⇒  ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。