廃墟目録

廃墟目録

日本初の河川トンネルは神戸にあった・湊川隧道の一般公開

日本発の河川トンネル湊川隧道は1901年に開通した。震災などの影響で2000年に新湊川トンネルが開通してその役目を終えることになったが、土木技術、歴史的価値が認められ、近代土木遺産として保存されることになった。市民によって「湊川隧道保存友の会」が発足し、毎月第三土曜日に見学会の開催が行われている。
廃墟目録

西大寺駅前の廃タワーパーキング

奈良市の副都心として現在再開発事業が進められている大和西大寺駅。そのすぐ南側にタワーパーキングの廃墟があるという情報を得て現地に向かった。三和西大寺南町ビルの隣にその廃タワーパーキングはそびえ立っていた。
廃墟目録

十三の廃墟・ホテルロマンに行ってみた

阪急千里線の天神橋筋六丁目駅から淡路駅で、阪急京都線に乗り換え、十三駅(じゅうそうえき)で下車した。 十三での目的は2つ。ホテルロマンという廃墟を見に行くこと、もう一つは火災から復活したしょんべん横丁の様子を見に行くことである...
廃墟目録

【横浜・鶴見線】昭和の香りが残る国道駅を訪れた

鶴見駅で鶴見線に乗り換え、1駅行くと国道駅がある。国道駅は駅のすぐそばを通る京浜国道に名前の由来がある。国道駅は戦時中の銃弾痕が残っていたりと何かとDEEPな雰囲気が残っている。映画のロケ地になったことでも有名である。一日平均乗車数は1500人ほどの小さな駅の高架下には焼き鳥屋さんなど、わずかなお店が残るだけで、寂しげな雰囲気が漂っていた。昔ながらの昭和レトロな香りが残っている。
廃墟目録

八幡市の住宅街にあるラブホ廃墟【ホテルリベロ】とは

八幡市の橋本駅から数分歩いた場所、京阪国道近くに、ラブホテルの廃墟、ホテルリベロが存在する。女性の絞殺遺体が見つかり、その幽霊が出るという物騒な噂があるホテルリベロ。住宅街には不釣り合いなこのラブホテルを撮影しているとジリジリという警報音が鳴った。
廃墟目録

武田尾廃線ウォーキング~国鉄福知山線の跡地~

武田尾廃線は一般公開されており、桜や紅葉の名所、さらにはハイキングコースとしても知られている。国鉄時代の福知山線は武庫川沿いに線路が敷かれていた。今もなお、枕木やトンネルなどかつての様子が感じられる場所があり、観光地としても人気である。今回はJR武田尾駅を下車して、長尾山隧道など、武田尾廃線跡を散策した。
廃墟目録

宝塚にひっそり存在する丁字ヶ滝隧道を訪れた

住宅街として人気の宝塚。宝塚駅から10分ほど歩いたところにその隧道はひっそりと存在しています。駅から武庫川を渡り、丁字ヶ滝や見返り岩のある場所に丁字ヶ滝隧道はあります。レンガ造りで、下は水たまりがあるのが特徴的でした。
廃墟目録

いわくの大塚団地に行ってみたが謎だらけだった→後日真相解明

滋賀県で有名な心霊スポット、廃墟に大塚団地という場所がある。何でも住民が集団失踪したとか、老婆の殺人事件があったとか、服部さんという人に木刀で襲われるとか、火葬場で亡くなった霊が出るとか、曰く満載の場所です。
廃墟目録

京大の遺構 光華寮の廃墟に行ってみた

京都大学近くに、かつて中国人留学生向けに貸し出されていた寮がある。光華寮といい、現在では廃墟となっている。光寮事件、光寮訴訟で有名であるが、閉鎖された後は廃墟としてその名をとどろかせている。
廃墟目録

老ノ坂隧道

京都市と亀岡市の間には老ノ坂峠という場所がある。その昔松風洞と和風洞というトンネルが掘られ、現在では国道9号線とその横にある歩行者専用の隧道として役目を果たしている。老ノ坂は幽霊の目撃情報もあり、かつては平安京で溜まった負のエネルギーが放出されていた場所でもある。
タイトルとURLをコピーしました