マンション

廃墟目録

【場所や現地の様子レポート】野洲の廃墟マンションが危険過ぎる状態だった

数カ月ほど前、テレビで話題になっていたのが滋賀県野洲市にある廃墟マンションに入ってきた。2018年の大阪北部地震や台風の影響で、壁が崩れ落ちて危険な状態であった。アスベストや建物倒壊の危険性から、行政による解体指導が行われてきたが、10人ほどいる区分所有者全員の同意を得ることができずに、放置されたままである。分譲マンションゆえの問題が潜んでいると言えよう。2019年3月19日には空き家対策特別措置法に基づく解体命令が出され、このまま解体が行われないと同年11月に行政代執行が行われる。
タイトルとURLをコピーしました