ディープタウンシリーズ一覧

名古屋駅ディープ散策・なかなか渋いぞ駅裏地区

名古屋駅の西側にはディープ感が漂う怪しい街並みが広がっています。元々笹島のドヤ街があったり、コリアタウンがあったりと、ディープな街に相応しい歴史が刻まれた土地です。韓国料理の食材店や料理店など、コリア系のお店が揃っています。高層化が進む駅東側と異なり、西側には昭和レトロな街並みが広がっています。駅西銀座も大都市のターミナル駅近くの光景とは思えない渋さです。歩いていると、ここが駅裏と呼ばれる理由が分かってきます。

【阪神沿線のディープ街】尼崎センタープール前駅周辺を散策

関西の工業都市尼崎ではディープな街並みが見られる。今回訪れたのは阪神電車の尼崎センタープール前駅周辺。はじめ駅名となった尼崎競艇場を訪れると、ほとんどの人がおっちゃんとおばちゃんであった。その後尼崎センタープール前駅南側を散策した。普通のアパートや一戸建て、マンションが見られたが、ある区画で下町らしいトタン製の住宅やバラックも見ることができた。

大阪を代表するディープタウン 京橋の街を歩いてみた

大阪を代表するディープタウン、京橋の駅を降りて高架をくぐると、名物グランシャトー京橋のビルが。そのほか、キャバクラなどのピンクなお店も充実しています。また、OBPに近いことからサラリーマン御用達の街でもあります。おっちゃんたちは昼間から吞んだくれ、ちょっぴりヤバめのおじさんの姿も見られます。そんなディープワールド京橋の街を紹介します。