社会問題一覧

【場所や現地の様子レポート】野洲の廃墟マンションが危険過ぎる状態だった

数カ月ほど前、テレビで話題になっていたのが滋賀県野洲市にある廃墟マンションに入ってきた。2018年の大阪北部地震や台風の影響で、壁が崩れ落ちて危険な状態であった。アスベストや建物倒壊の危険性から、行政による解体指導が行われてきたが、10人ほどいる区分所有者全員の同意を得ることができずに、放置されたままである。分譲マンションゆえの問題が潜んでいると言えよう。2019年3月19日には空き家対策特別措置法に基づく解体命令が出され、このまま解体が行われないと同年11月に行政代執行が行われる。

地図混乱地域とは?滋賀・住吉台に行ってみた

今回は地図混乱地域と呼ばれる地域を訪れた。場所は滋賀県大津市(旧志賀町)の和邇北浜にある住吉台。1960年代に開発された団地では、地権者不明、不在在地、重複登記といった地図混乱問題を抱えている。地権者がはっきりしないため、地区内の道路の舗装がされていなかったり、2010年に発生した豪雨被害の復旧工事が進展しなかったりと、問題を抱えている。

国有地売却問題で揺れる森友学園を訪れた

森友学園の国有地売却問題は大きな話題となった。国有地を土地評価額の14%ほどで森友学園に売却したのである。これは産業廃棄物処理の費用を森友学園が負担したためであるが、実際これほどまで撤去費用がかかったのかは不透明である。今回は豊中市の阪急庄内駅から現地に向かった。

近隣住民の大規模な反対運動が起こった幸福の科学学園関西校の開校について振り返る

宗教団体は学校を経営しているケースはよくあります。これと同様に幸福の科学でも、近年中学校・高校を開校しました。しかし、2つ目に開校した関西校の建設を巡って、近隣住民が開校に対して反対運動を行ったのです。反対運動は大規模なものになったのですが、この理由として、住民にとっては幸福の科学という団体が持つ政治的思想が危険に感じれられたのでしょう。