カテゴリ分けできない微妙な記事一覧

48年の歴史に幕・さとう福知山駅前店が閉店 

福知山や舞鶴など、北近畿圏を中心に展開するショッピングセンターさとう。その代表的な存在であるさとう福知山駅前店が2019年の秋、48年の歴史に幕を閉じる。ここを訪れた10月20日は閉店セールを行っていた。現在、跡地に大型マンションの工事中であるファミリー福知山ともに福知山の中心市街地を賑わせていたのだが、ついに閉店となった。閉店後は、福知山駅前店から徒歩圏内にさとうフレッシュバザールお城通り店ができる。

靴の街・長田 新長田駅周辺を散策

靴の街、ケミカルシューズの街として知られているのが神戸の長田。特にケミカルシューズ産業会館やシューズプラザがある新長田駅周辺は靴関係の事業所が数多く存在する。ただ、事業所と言っても見た目は住宅なので、あまり目立つことはない。ただ、駅の高架には「くつのまちながた」の説明書きがなされた看板が建てられており、靴の街であることが確認できる。

大阪のビジネス街・住友村を散策

今回訪れたのは住友村。住所は大阪市北区の北浜4丁目と今橋4丁目。住友系のビルが数多く立ち並ぶことで知られ、住友財閥の歴史的重要地域でもある。住友系のビルの中でも、現在SMBC(三井住友銀行)大阪本店営業部がある住友ビルディングはクラシックな外観で目を引く。敷地内にある手形交換所発祥の地碑は、商都大阪の象徴でもある。大阪倶楽部や住友ビル、住友淀屋橋など、見どころは多い。

【千代川駅周辺散策】亀岡市立自動車学校の跡地のいま【閉校】

かつて亀岡市北部の千代川駅近くに亀岡市立自動車学校があった。赤字経営などを理由に、平成18年度で閉校となった。自動車学校や教習所は、毎年のように都市部、地方ともに閉校しているが、少子化や若者の車離れ、さらには民間の自動車学校や教習所との競争などが原因と予想される。亀岡市立自動車学校の跡地を訪れて見ると、現在分譲住宅が開発されていた。

地図混乱地域とは?滋賀・住吉台に行ってみた

今回は地図混乱地域と呼ばれる地域を訪れた。場所は滋賀県大津市(旧志賀町)の和邇北浜にある住吉台。1960年代に開発された団地では、地権者不明、不在在地、重複登記といった地図混乱問題を抱えている。地権者がはっきりしないため、地区内の道路の舗装がされていなかったり、2010年に発生した豪雨被害の復旧工事が進展しなかったりと、問題を抱えている。