大津の遊郭跡に行ってみた | 柴屋町遊郭

今日は大津の遊郭を紹介する。場所は大津の中心地、長等という場所である。この日は浜大津駅から歩いて現地を目指した。駅のデッキからは琵琶湖の大パノラマが広がっている。また浜大津駅前は高層マンションや商業施設が立ち並び、それなりに発展した様子が伺える。

14770362311680

浜大津駅のデッキを降りて西に歩いていく。この辺で左側、つまり山側に曲がることにした。

14770362410971

道を曲がるとスナックや呑み屋の看板がいくつもあった。この場所がかつて繁華街として賑わいを見せていたことは予想がつく。しかし今となっては人通りもなく、寂れてしまっている。

歴史を遡ると、もともと大津は港町として発展した経緯がある。昔は湖上の輸送が多く、北陸方面からの物資を大津で荷揚げしていて、ここ大津が中継点となっていた。ところが湖の輸送が廃れていくとともに大津の街も寂れていってしまったというわけだ。

14770362928522

ただそれだけに街のあちこちに昔の趣が多く残っていて落ち着いた街並みが見られる。建物を見ても昔の町屋が数多く残っている。

14770363031813

ただ、寂れたと言っても大津は京阪神のベッドタウンといった側面を持つ都市であり、幹線道路沿いや駅前を中心に近代的なマンションが建っている。しかしこの一角はマンションもなく、まるでタイムスリップしたかのような感覚になる。
14770363139594

さらに山の方向へ緩やかな坂を登っていく。確かに街並みを見ると遊郭がありそうな雰囲気が漂っている。

14770363266645
この辺で右へ入ると、いよいよ遊郭らしき建物が見えてきた。もちろん現在営業しているわけではないが、まだまだしっかりと当時の原形をとどめている。

14770363329436

建物の造りから妓楼だったことが予想される。ここにかつて遊女がいて、客をもてなしていたのだろう。現在は売春禁止法の制定などで、現在遊郭として営業している店はほとんどなくなってしまった。遊郭の形をとどめて営業しているのは大阪の飛田新地くらいだろうか。

14770363383777

もちろん飛田新地といっても建前は料亭としてされてる。といってもソープランド同様、事実上は売春であることにはちがいがない。あまり規制を強化すると潜りで営業を続けられるので取り締まらないという話を聞いてこともある。

さらに横にも遊郭らしき建物が続いている。現在は住宅として使用されているのだろうか。しかし建物の鄙びた感じを見るともうすでに人は住んでいないのだろうか。

14770363446758

また、遊郭街は路地があり、余計に怪しげな雰囲気を漂わせている。路地の中に入って撮影したかったのだが、公道なのか私道なのかわからなかったので今回はやめておいた。

14770363847263

壁は崩れ、中の骨組みがむき出しになっている。地震でも来ようものなら全壊するのではという気もする。しかしなかなかの年季を感じさせてくれる建物である。

14770363903154

この場所の近くには東海道の大津宿がある。宿場町に遊郭はつきもので隣の草津宿近くにも遊郭跡がある。

14770363974515

それにしてもなかなかの鄙びれ具合である。まあこういう風景が好きな人にとっては最高のロケーションなんでしょうが。

14770364031826

今度はやや広い道に出てきた。ここの空き地は古い建物が壊されたのだろうか。

なかなかインパクトのある建物で見ごたえはあった。できれば今後も建物を保存していってもらいたいものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加