ネットによる心霊配信

ネット配信

近年ITの発展により、ネット配信サービスというのが普及している。大手だと、ニコニコ生放送やツイキャスは有名であるが、その他ふわっちやYoutubeライブなど様々なネットサービスがある。ネット配信では一部で反社会的な行動をとる配信者もいて、社会的な問題となっており、もしかしたらあまり良いイメージを持っていない人が多いのかも知れない。

心霊配信とは

ネット配信ではゲーム配信や雑談配信が多くを占めるが、外配信というジャンルもある。その言葉の通り、外に出てスマートフォンやパソコンで配信を行うものである。その中で、心霊スポットと言われている場所に行って、噂の通り本当に幽霊が出るのかを検証するという「心霊配信」というジャンルがあるのだ。

どんな人がやっているかというと、ごく一般の人。たまに心霊系のお笑い芸人やタレントでやっている人もいるが、多くは一般の心霊好きである。会社員から学生まで幅広い年代で心霊配信者と呼ばれる人がいる。

このネットを使った心霊配信の魅力は、やらせが一切ないということ。例えば、テレビ番組では映像を加工したりして、視聴率を稼ごうとする演出が行われることもある。(一部の番組行われていると私は思う。)その点、生放送であり映像技術の素人が行う配信ではこの心配はない。編集もないので、確実に心霊スポットの生の雰囲気を堪能できるというわけだ。

心霊配信を見るにはネット配信サービスで自分のアカウントを作成すればよい。中にはアカウントを持っていなくても視聴できるところもあるが、アカウント登録にはお金はかからないし、気軽に視聴することができる。また、自分で放送する場合アカウントの登録が必須だが、ニコ生などを除いて、ほとんどのサービスで無料配信することができるので、試してみたい人は是非挑戦してみてほしい。

しかしなかなか幽霊は出ない

残念なことに、心霊スポットに行ってもなかなか幽霊は出ない。これは実際に心霊スポットに足を運んだことのある人なら分かるはずだ。霊感のある人なら分かるかもしれないが、映像や音声で霊をとらえることなんて不可能である。私は多くの人の心霊配信を見てきたが、ハッキリと幽霊が写ったところなど見たことはない。

ただ、ふとした瞬間に奇妙な音が聞こえたり、一瞬幽霊のようなものが映ったり、ということは稀にではあるがないわけではない。やらせなしの生放送で霊の姿をとらえることができれば、大きな収穫となる。

実際の心霊配信

これが実際の心霊配信の様子である。ニコ生のウォールストリートという放送で実際に幽霊が映ったらしい。生放送の様子は後からYoutubeに投稿されていた。

このとき、女性配信者は幽霊の姿を目の当たりにしていたらしい。確認してみると2分あたりから木の横に白い女性のような霊が見えるのだが、皆さんはどう思われるだろうか。

心霊調査としての心霊配信

ネットによる心霊配信は真面目な心霊研究というよりも、エンターテイメントとして配信する人、視聴する人が多いようだ。実際、面白半分で配信を行っている人も多く、罰当たりな行為や社会通念上好ましくない行為をする配信者もいる。ただ、実際に心霊スポットに足を運んで映像、音声を記録するというのは心霊調査としては十分意義のあることだと思う。配信者には礼儀作法などに注意してもらった上で、これからも心霊配信を続けていってもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。