亀岡市にある廃モーテルサンリバーを訪れた

廃モーテルのある場所

京都市と亀岡市の県境。かつては山城国京都と丹波国の境目にあたるこの地に、有名な心霊廃墟がある。その名も廃モーテルサンリバー。

住所 京都府亀岡市田ノ尻

地図上赤く囲った場所がモーテルサンリバーの廃墟だ。

国道9号線老ノ坂トンネル前に細い道がある。この道を南へ上っていくこと数分。

見えてきたのはサンリバーと書かれた行燈。どうやらこの先に廃墟はあるようだ。

この日は9月1日。まだまだ暑さが残る中、歩を進めていく。

不法投棄禁止の看板が掲げられている。車の通りの多い国道9号線の近くで、これだけ辺鄙な場所ということで、不法投棄しようと思う人も大勢居そうだ。

草が覆い茂る中、いよいよ廃墟のお出ましである。

廃モーテルのお出まし

鉄線があり、中には入れなくなっている。

考えてみれば、山の中にモーテルとおかしな組み合わせである。もちろん国道9号線近くだから、オープンしたのだろうが。

ガレージがあり、その横に建物。以前訪れたホテル祇園の間取りにそっくりである。

中には入れないこともなさそうだが、あまりにも散乱していたので入る気にはなれなかった。

管理棟で女性の霊が出る?過去には殺人事件もあったとか

色んなサイトを見ていると、2階の管理棟の窓に女性の霊が出るという噂があった。実はこの場所、以前殺人事件があったという。もちろん、確認が取れたわけではないので、あくまで噂の領域を出ない。

しばらく道沿いに続くモーテルを見ていると、管理棟と思われる建物を発見した。山沿いに並んでいるモーテルは平屋建てだが、一件だけ2階建ての青い瓦の戸建て住宅である。

意を決して入り口から中へ入っていく。

誰かいる・・・・。これが私が感じた第一印象でした。

ものは溢れかえり、部屋の中は散乱していた。有名な心霊廃墟ということもあり、これまで多くの侵入者が居たものと予想される。そして、やはり何かが居ると強く感じた。この感覚、実は京都の奥地、久多の廃屋で味わったものと一緒であった。あの時も、何かが潜んでいる・・・そんな感じがしてならなかった。

そして衝撃的だったのが、部屋の右隅の包丁である。撮って写真を見返したとき、「何か黄色いものが浮いているな」と思い、部屋を再度見ると恐ろしいものが映っていた。というわけで、もう少し近くから撮影したのが次の写真である。

何と物置台のところに包丁が刺さっているではないか。もしかして、例の殺人事件と関係があるのでは・・・背筋が凍ってしまった。もちろん冷静に考えれば、何者かが悪戯で包丁を持ってきて刺したという可能性が高い。

しかし、闇深い何かがこの廃モーテルサンリバーを覆っていることは間違いなさそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。