スポンサーリンク

名古屋の宗教施設を見学・宝塔が印象的な大乗教

名古屋駅の駅裏地区を散策した後向かったのは、金山駅。金山駅は地下鉄名城線、名港線、JR東海道本線、中央本線、名鉄名古屋線が乗り入れ、名古屋の副都心的な機能を果たしています。

そんな金山駅から歩いて15分ほどの場所に、大乗教という面白い宗教施設があるという情報を手に入れたので、今回訪れてみました。

住宅街を歩いていると、クリーム色のドーム?、塔?のような建物が目に飛び込んできました。

ドームのような建物の手前にはお堂のような建物があります。

後で調べて見ると、営槃湿という建物だということがわかりました。おそらくこれから行く大乗教と関係があるのかも知れません。

入り口はどこなのか分からず、とりあえず坂を下っていくことにしました。

名鉄線やJR線が通っている線路沿いまで降りていきました。名鉄線は本数が多く、引っ切り無しに電車が行き来していました。

地元の人によると電車内から大乗教の建物がよく見えるそうです。地元民も気になる存在なのかもしれません。

また、イオンモール熱田が近くにあることから、訪れるときの良い目印になることでしょう。

大乗教の入り口に到着です。

上に続く坂を登っていきます。この坂は公道となっており、公道の両脇に大乗教の総本山があります。

坂を少し登って左を見ると、大きな白い象のモニュメントが現れました。

大白象像」と言うそうです。

象のモニュメントの向かい側には本堂があります。大乗教の総本山ということで、この日は多くの参拝者が訪問していました。金山駅からは無料シャトルバスも運行されているそうです。

坂道からも本堂を見ることができます。けっこう大きいです。

次に坂道から右に入っていきます。こちらには最初に見えた塔?ドーム?があります。

見た目のインパクトから塔のある方が本堂なのかな・・と思っていたのですが、こちらは宝塔だそうです。

聖仏舎利宝塔・・・・釈迦牟尼仏の御真骨を奉祀した神聖な宝殿

石碑には教祖三誓願と書かれています。教祖とは宗教家の杉山辰子(1868 ‐ 1932) のことです。

ホームページには宝塔について、以下のように紹介されています。

釈尊の威徳を称え、一天四海皆帰妙法と世界平和を祈念し、昭和51年11月28日落慶しました

建物内の構造は以下の通りです。

一階部分・聖仏舎利殿

二階部分・教祖殿

今度は反対側から眺めて見ます。

それにしてもどことなくインド風の建物に見えませんか?

仏教のふるさとがインドだということは当然ですが・・

大乗教の教祖、杉山辰子先生の教えにその理由を確認することができます。

その教えとは、「仏教の原点、すなわちインドからお釈迦様の教えを広めていく必要がある」というものです。

大乗教にはインド別院もあるほど、インドとの関係は深いそうです。

ゾウのモニュメントがある理由も頷けます。

さあ、この辺で大乗教の見物を終え、金山駅に戻ります。途中、大乗教の宝塔が良い感じで見える歩道橋を発見しました。

JR線や名鉄線に架かる八熊通りの歩道橋です。

JR線の電車の後ろに発見。遠巻きに見るのも良いものです。

次は名鉄線の電車が通過。運が良ければ名鉄&JR越しの大乗教が見えるかも。

金山駅周辺はラブホテルが多いのですが、大乗教の宝塔はラブホではありませんので、お間違えの無いように。

今回の記事は大乗教のホームページを参考にさせて頂きました。大乗教について、詳しく知りたい方は以下のURLにアクセスしてみてください。

宗教法人大乗教

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました