社会目録

社会目録

48年の歴史に幕・さとう福知山駅前店が閉店 

福知山や舞鶴など、北近畿圏を中心に展開するショッピングセンターさとう。その代表的な存在であるさとう福知山駅前店が2019年の秋、48年の歴史に幕を閉じる。ここを訪れた10月20日は閉店セールを行っていた。現在、跡地に大型マンションの工事中であるファミリー福知山ともに福知山の中心市街地を賑わせていたのだが、ついに閉店となった。閉店後は、福知山駅前店から徒歩圏内にさとうフレッシュバザールお城通り店ができる。
社会目録

靴の街・長田 新長田駅周辺を散策

靴の街、ケミカルシューズの街として知られているのが神戸の長田。特にケミカルシューズ産業会館やシューズプラザがある新長田駅周辺は靴関係の事業所が数多く存在する。ただ、事業所と言っても見た目は住宅なので、あまり目立つことはない。ただ、駅の高架には「くつのまちながた」の説明書きがなされた看板が建てられており、靴の街であることが確認できる。
社会目録

大阪のビジネス街・住友村を散策

今回訪れたのは住友村。住所は大阪市北区の北浜4丁目と今橋4丁目。住友系のビルが数多く立ち並ぶことで知られ、住友財閥の歴史的重要地域でもある。住友系のビルの中でも、現在SMBC(三井住友銀行)大阪本店営業部がある住友ビルディングはクラシックな外観で目を引く。敷地内にある手形交換所発祥の地碑は、商都大阪の象徴でもある。大阪倶楽部や住友ビル、住友淀屋橋など、見どころは多い。
社会目録

【千代川駅周辺散策】亀岡市立自動車学校の跡地のいま【閉校】

かつて亀岡市北部の千代川駅近くに亀岡市立自動車学校があった。赤字経営などを理由に、平成18年度で閉校となった。自動車学校や教習所は、毎年のように都市部、地方ともに閉校しているが、少子化や若者の車離れ、さらには民間の自動車学校や教習所との競争などが原因と予想される。亀岡市立自動車学校の跡地を訪れて見ると、現在分譲住宅が開発されていた。
社会目録

地図混乱地域とは?滋賀・住吉台に行ってみた

今回は地図混乱地域と呼ばれる地域を訪れた。場所は滋賀県大津市(旧志賀町)の和邇北浜にある住吉台。1960年代に開発された団地では、地権者不明、不在在地、重複登記といった地図混乱問題を抱えている。地権者がはっきりしないため、地区内の道路の舗装がされていなかったり、2010年に発生した豪雨被害の復旧工事が進展しなかったりと、問題を抱えている。
社会目録

東海圏所得ランキング 市町村トップ10

今回は愛知県、岐阜県、三重県の東海三県の市町村ごとの1人当たりの所得を比較して、トップ10を発表。結果は長久手市や名古屋市をはじめとする愛知県の市町村が9つランクインした。自動車関連工場や名古屋のベッドタウンにあたる地域で所得が高い傾向にあることがわかった。特に名古屋市と豊田市に挟まれた地域では、平均所得が400万円を超えるなど所得水準が高くなっている。
社会目録

【戦時中のスパイ養成所】陸軍中野学校跡を訪れた

中野駅から10分ほど歩いたところ、東京警察病院と早稲田大学のキャンパスの間に陸軍中野学校跡はある。陸軍中野学校跡は戦時中、諜報、謀略、防諜などの教育を行っていた陸軍参謀本部管轄の教育機関であり、スパイ養成所とも言わる。太平洋戦争開戦後は、ゲリラ戦術の教育も行われ、卒業生は諜報活動だけでなく、遊撃も行い、戦争で活発に活動していた。陸軍中野学校があったのは中野区囲町、現在の中野4丁目にあたる場所であった。現在は、中野四季の森公園、帝京大学、明治大学のキャンパスとなっている。
社会目録

早朝の京都刑務所外周りを散策した

昭和2年に京都市上京区から京都市山科区椥辻に京都刑務所は移転した。現在では外環状線や地下鉄東西線椥辻駅から近いということで、宅地開発が盛んに行われ、大型マンションも立ち並ぶ。今度は移転案が出ているが、2001年に改築したばかりで実現は難しいと思われる。山科刑務所ではF指標、B指標、LB指標の区分の男性受刑者が1500人ほど入所しており、それぞれ木工作業、印刷作業、洋裁作業が行われている。また、職員宿舎も多く併設されており、10万平方メートルという広大な土地が利用されている。
社会目録

縮小都市の可能性 北近畿エリア3都市まとめ

近畿地方の日本海側は北近畿と呼ばれ、独自の文化・経済圏を築いている。その中で、但馬地方の豊岡市、丹後地方の舞鶴市、丹波地方の福知山市は北近畿で中心都市として機能している。これら3都市が北近畿エリアを牽引していけるかに注目したい。
社会目録

【比叡山の三大魔所】大阿闍梨が住む飯室谷不動堂を訪れた

比叡山には三大魔所がある。ここでいう魔所とは、怖い場所という意味ではなく、身を慎み殺生をしてはいけない場所という意味である。今回はそのうちのひとつ、飯室谷不動堂を訪れた。飯室谷は2回の千日回峰行を達成した大阿闍梨・酒井雄哉氏が晩年を過ごしたほか、現在では大阿闍梨の藤波源信が住職を務める。本草は不動明王立像である。
タイトルとURLをコピーしました