瀬田川洗堰とは?「琵琶湖の水止めたろか」は無理だった



滋賀県大津市のJR石山駅から、瀬田川沿いにバスに揺られ、15分程度乗車すると瀬田川洗堰が見えてきます。

かつては明治時代に造られた南郷洗堰として機能していましたが、現在は南郷洗堰の数メートル下流に瀬田川洗堰が堰(可動堰)として機能しています。

古来、瀬田川では川底が浅いことや、大日山が突き出していることなどから、洪水が多発していました。そこで、1900年に大日山を爆破したり、川底を掘り下げたり、川幅を広げたりする治水工事が行われました。

今でも大日山は瀬田川東岸に見られます(写真左奥)。

1902年には、南郷洗堰が完成しました。現在の瀬田川洗堰は1961年に完成し、1992年にはバイパス水路も完成しています。

バイパス水路からは、かなり多くの水が流れ出ていることが確認できました。

スキャルピング大辞典_指し棒博士

近くからも見られるぞ!迫力満点だ

瀬田川洗堰周辺には、アクア琵琶という治水に関する展示館があるので、寄ってみてもよいでしょう。

また、南郷水産センターという魚のテーマパークもあり、家族に人気の施設となっています。

琵琶湖の水止めたろかとは?

瀬田川洗堰に関して話題となるのは、「琵琶湖の水止めたろか」という言葉です。これは、京都や人や大阪人から馬鹿にされたときに、対抗心を表わすために使うジョークです。

今はジョークや洒落であるものの、歴史的に見れば琵琶湖から淀川までの治水や水利を巡って、滋賀vs京都・大阪のバトルが勃発していました。

雨量が少ないときに起こる対立

滋賀県⇒水源確保のために湖水の放水を最小限に留めたいと思う

大阪・京都⇒水不足解消のため、多くの放水を行ってほしいと思う

雨量が多いときに起こる対立

滋賀県⇒琵琶湖流域の洪水を避けるため多くの放水を望む

京都・大阪⇒川の増水による氾濫を恐れて放水を望まない

スキャルピング大辞典_指し棒博士

雨量が多いときは京都・大阪が琵琶湖の水止めろと言ってたんだね

琵琶湖の水を止められるのは?

琵琶湖から流れ出る河川は以下の2通りです。水を止めようと思えば、両方の水路をふさぐ必要があります。

①瀬田川 ②琵琶湖疎水

これらの管轄は以下の通りです。

①瀬田川⇒国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所

②琵琶湖疎水⇒京都市

瀬田川に関しては、今回紹介した瀬田川洗堰でせき止めることになりますが、権限は国土国交省、つまり「国」です。琵琶湖疎水に至っては対立相手の京都市が管理しています。このように、滋賀県は水量調整の権限が一切ありません。

また、そもそも本気で琵琶湖の水なんて止めたら、水があふれ出して、滋賀県は水没してしまいます。滋賀県が困ることはもちろん、雨が多い時を除いて京都・大阪も困ってしまいます。

スキャルピング大辞典_指し棒博士

近畿地方全体が非常事態となってしまうぞ

歴史的な対立もあったためか、「琵琶湖の水止めたろか」は多くの関西人に愛されており、今後もジョークとして使われることでしょう。