カテゴリ分けできない微妙な記事一覧

国有地売却問題で揺れる森友学園を訪れた

森友学園の国有地売却問題は大きな話題となった。国有地を土地評価額の14%ほどで森友学園に売却したのである。これは産業廃棄物処理の費用を森友学園が負担したためであるが、実際これほどまで撤去費用がかかったのかは不透明である。今回は豊中市の阪急庄内駅から現地に向かった。

近隣住民の大規模な反対運動が起こった幸福の科学学園関西校の開校について振り返る

宗教団体は学校を経営しているケースはよくあります。これと同様に幸福の科学でも、近年中学校・高校を開校しました。しかし、2つ目に開校した関西校の建設を巡って、近隣住民が開校に対して反対運動を行ったのです。反対運動は大規模なものになったのですが、この理由として、住民にとっては幸福の科学という団体が持つ政治的思想が危険に感じれられたのでしょう。