スポンサーリンク

比叡平近くにある廃バスを見てきた

 

いまは使用されなくなった路線バス、廃バスが放置されているという情報を見つけたので、今回訪れることにしました。

京阪バスで比叡平へ

JR大津京駅で京阪バスに乗り、山道でバスに揺られること20分。

到着したのは比叡平という住宅街。

一見どこにでもある住宅街に見えますが、住宅街があるのは、標高350m~400m程度の山の上です。

比叡平から廃バスがあるところまで、住宅街の南西側からつながる山沿いの車道を進んでいきます。住宅街を抜けると京都市に入ります。

山の中に現れた京都市交通局の廃バス

車道から小道に入ると、森が開けた場所があり、かつて宅地造成を行おうとしていた場所のようにも見えます。

不法投棄物、廃屋、廃車がやたら多いことが印象的でしたが、さらに存在感が大きかったのが、廃バスです。

薄緑色のバスは周囲の木々に妙に溶け込んでおり、錆びている箇所は土とマッチングしており、あまり違和感はありませんでした。

この色合いは間違いなく京都市交通局の路線バスです。タイプはかなり古いようで、大昔に使われていたものでしょう。

一段上には、もう一台バスがあります。

こちらも見た目は全く同じです。緑色の苔ともよく合っています。

バスをぐるっと一周してみましょう。フロント部分には見てみると、「いすゞ」のマークがあります。

後ろはこんな感じで、「ワンマンカー」と書かれています。路線バスがワンマンカーなのは分かりきったことなのに、わざわざ表記する意味は一体?

バスの中に入ってみたかったのですが、床が抜けていたりして危険と判断して今回は断念しました。

にしてもなぜ市バスがこんな山の中にあるのでしょうか。

京都市交通局から引き受けた業者が、不法投棄したということなのでしょうか。詳しい事情は分かりませんが、廃バスというレアな歴史遺産?を見ることができてとても満足でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました